Concept from Chim↑Pom

ロゴ

一面に広がるアスファルトの風景。空間。美術館に生まれた2階のような、ビルでいったらある意味新設された54階、最上階なので天窓に空が望めるが、地上からしてみたらここは空中。道は、通行され、屯され、座られ、スケボーだデモだと使い倒されて、使用者が増えるほどに成長する。

整備されただけでは道とは到底まだまだ言えない。

拓かれたアスファルトの区画を運営し、「道を育てる」。

高円寺の『Chim↑Pom通り』(『道が拓ける』Garter、2017)には公衆トイレを設け、ノールールで24時間、365日誰でも入れる「無秩序」を原則とした。

台中の200mの『道』(『アジア・アート・ビエンナーレ』国立台湾美術館、2018)は、公道と美術館内を繋ぎ、第3の公共として独自のレギュレーションを整備した。

どちらもブロックパーティーの開催などによって、道には実体が備わった。

各地の特性にのっとり様々に「公共」を試したわけだけど、本作はついにいよいよChim↑Pom初のホワイトキューブの道である。聞こえはアート。見た目もアート。とは言え大企業と高層ビルのコンプラとレギュレーションは、これまで通りイレギュラーなものに「アートならOK!」なんて道理を通すほどに甘くはない。アートも筋違いならば、むしろ会社や場づくり、運動などに取り組んできた人、新たなアイデアを持つ人など、広く社会から「運営者」を募り、キュレーションし、彼ら彼女らによる独自の運営によって「道を育てる」ことがこの道の筋だと理解した。

・Chim↑Pomがキュレーションする「運営者」

・一般公募による「運営者」

既存のレギュレーションと審査を前提とし、「運営者」が発案するプロジェクトをChim↑Pomは森美術館と協議して、サポートするかたちで実現をはかる。

それはパーティーであったり、予期せぬハプニングであったり、パフォーマンスや展示……というかもとより審査なんて必要ないような、待ち合わせでも会議でも路面店でも散歩でも昼寝でも何でも良いが、様々な「活動」に及ぶだろう。

ちなみに、「二階建て構造で美術館の展示床面積エリアが増えたため、美術館としては展示エリアを一定に抑えるため、展示に使用しない立ち入り禁止エリアを作って相殺した。」と美術館。あれよあれよと道が拓けることによって美術館に何故か生まれたガチの「空き地」であるが、都市の隙間に価値を求めてきたChim↑Pomにとっては予期せぬ副産物となった。

おそるべし道の影響。予断を許さぬ道の育ちに身を任せ、アスファルトは空っぽに行為を待つのみである。

Chim↑Pom 2022

 

 

Cultivating the Street

An asphalt landscape unfolds all around. A space. It’s like a second floor was added to the museum; in a way it’s the building’s newly constructed 54th floor. Since it’s the top floor you can see the view through the skylight, but from the ground level it looks like it’s in mid-air. 

Streets develop the more people pass through them, gather, and sit, the more they are used for skateboarding, protests, or the like. The more they are used, the more they grow.  A freshly paved street has a long way to go before it lives up to its name. 

We will take on a new asphalt lot and cultivate the street together.

For Koenji’s Chim↑Pom Street (Paving the Street, Garter, 2017), we provided a space and a public bathroom open to everyone 24/7, free of any rules and lawless in principle. 

For the 200-meter-long Street in Taichung (6th Asian Art Biennial, National Taiwan Museum of Fine Arts, 2018), we connected the public street with the inside of the museum, presenting a third kind of “public space” with its own set of regulations. Both projects led to the streets being used for practical activities like block parties. 

Based on the characteristics of each location, we’ve tried our hand at various forms of “publicness.” And now for the first time ever, Chim↑Pom’s street will be inside a white cube. It sounds like art, it looks like art, but the compliance and regulations of a big company and a high-rise do not easily allow for irregularities in the name of art. So, if art isn’t the way to take the street, we opted to call on facilitators with fresh ideas who’ve worked in communities, movements, and even companies and curate the group to uniquely operate and cultivate the street.

-Facilitators curated by Chim↑Pom

-Facilitators selected through an open call

With existing regulations and a screening process, Chim↑Pom will discuss the various projects proposed by the facilitators with the Mori Art Museum and support their realization.

These may include parties, unexpected happenings, performances, and exhibitions…the activities will likely encompass a variety of things that don’t even require approval, like meet-ups, meetings, street vendors, walks, naps, or anything else in between. 

On a side note, according to the Museum, as the two-layered structure increased the entire exhibition space, it created an off-limits area that is not used for showing works in order to keep the exhibition size below a certain level.

The street was paved before we knew it, which somehow created these real “vacant lots” in the museum. As we’ve always sought value in the city’s cracks and crevices, these spaces were, for us, an unforeseen outgrowth.

The influence of the street is truly incalculable. The asphalt yields itself to unpredictable development; empty, it awaits action. 

Chim↑Pom 2022

運営者募集ページは以下になります↓