シャラ ラジマ

image6

シャラ ラジマ

「褐色の肌に金髪、青い目のモデル」という容姿でモデル活動をしている。あえて髪を金髪に染め、青いカラーコンタクトをし、容姿からは人種が容易に判断できないようにすることで、「私は何人でもない」というコンセプトのもと、人種のボーダーレスを表現している。

不定期で連載している「GINZA magazine」や「現代ビジネス」では、彼女の価値観や美意識について自身の言葉で発信。

アートやカルチャーに関心があり、前衛的なアーティストとコラボする活動もしている。

Sharar Lazima

Sharar Lazima is active as a model known for her combination of brown skin, blonde hair, and blue eyes. She makes a point of dyeing her hair blonde and wearing blue contact lenses so that others would not readily be able to tell her race from her looks. She embodies a racial borderlessness under her concept of “not being any particular race.”

She speaks her mind on values and esthetic sensibility in GINZA magazine, an online medium which is posted irregularly, and the magazine Gendai Business.

Lazima is interested in art and culture, and also collaborates with avant-garde artists.